この記事を読むのに必要な時間は約3分41秒です。

日本に帰ったらやりたかったことは、日本でしか上映していない映画を見ることと、美味しいご飯を食べることでした。

コナンは、マレーシアでも上映が決定したのですが6月にならないと見られません。

ということで5月のうちに日本で見ておくことにしました。

新宿で待ち合わせ

新しくなった駅構内にびびる

昔新宿でバイトしてたので、地下構造には強かったのですが、新しくなった地下に足を踏み入れたのは初めてだったので挙動不審になりました、もうあの頃の強さは発揮できない

本当は、渋谷で見ようという話をしていたのですが、今回のコナンの舞台が渋谷ということで、公開から1ヶ月経ってるのに満席になっており諦めて新宿にしたのでした

お昼も兼ねたグラタンホットドック、めちゃうま

見ました

今回も色々ぶっ飛んでいて面白かったのと、

友人から事前に警察学校組については色々と解説をしてもらっていたのでスムーズに話が入ってきました

日本橋に移動しコナン展を見る

コナン展なるものがやっているとのことで、友人について行きました

列の途中でパネルがあり、皆様譲り合いながら写真を撮っていました
映画館で撮れなかったポスターもあった

よくわからないけど、安室さんの助手席に乗った気分になれるアトラクションみたいなのに参加しました

日本になった気分でした(?)

そのあとは、COREDO室町でお買い物するとコナンのうちわがもらえるキャンペーンをしていたので、お買い物をし経済を回すタイム

COREDO室町で毎回飲んでみたかったのに飲んだことのなかった出汁、やっと飲めた、おいしかった、、、、、

実家へのお土産にもなるだろうと味噌汁とか昆布とか買いました。

私は特にうちわに思い入れがなかったので友人にプレゼント。

友人はグッズもたくさん買っていて、スコッチ自引きしていて楽しそうで何よりでした。

ヲタクはどのジャンルでもヲタクが楽しくしているのを見るのが好きです。

夕飯

日本橋付近にお財布に優しいお店がなさすぎて、サイゼを目指して歩いていたら肉豆腐のお店を見つけました

美味しいし、値段もリーズナブルだったのですが

店員さんの挙動が不審で、45%くらいしか楽しめませんでした、、、

思わずGoogleマップのレビューに書いちゃったよ、、、

そんなこんなで、日本ってヲタクに優しい街であることを実感しつつ友人との再会を楽しんだのでした!


番外編

マレーシアでもコナンを見ました

上映前に「写真撮影や動画撮影はしないでね」という注意がコナンや安室さんの写真とともに登場

しかし、3列前のお姉さんはガッツリ冒頭動画撮ってました、、、、Oh、、、何のために、、、、

隣がマレーのいけてるお姉さん5人組だったんだけど、反応が大きくて「そこで笑うのか〜」、「そこで怖いと思うのか」とか観察できてよかった

色恋は世界共通でわかりやすいみたいで、コナンが蘭の花嫁姿とか結婚とか妄想しているシーン、千葉刑事と苗子ちゃんなどのシーンは会場がどっと湧いてた

海外の映画館で思うのは、エンドロールを最後まで見るという文化がないのでお葬式のシーンまで残っていたのは半分くらいでした

あのシーンこそ見てもらいたいのに😅

LinkedIn
Share
WeChat