この記事を読むのに必要な時間は約2分54秒です。

夜逃げ編はこちら

退職申し出編はコチラ

退職代行にお願いする前に、1日だけ出勤して、退職願の提出し直しや、社章、社員証をおいてこようと思っていた。

2日前に申し込んで日付間違えて電話されたら怖いなと思い、退職代行は実行の前日(10月5日の休憩時間)に申し込むことに。

最初にやめようと思った時に退職代行をいくつか調べていたのでスムーズに決まった。

未払いの給与はないし、有休消化だけお願いできればよかったのでここにしました。

https://taisyokudaikou.com/

費用は25000円😭

辞めるためにこんなに出費が嵩むことになろうとは、、、新卒のみんなたちは初めからホワイトに入ろうな、、、

よく退職代行レビューにあるように、LINEで申し込みから退職連絡完了まで完結するので本当に助かりました。

10月5日 23:00 退勤時

会社に置いていた私物の回収と、社員証などをデスクに残し、退社。

ここまでに、仕事のメッセージアプリ、ラインをアンインストール。同期と繋がっていたため、インスタグラムのアカウントを変え、Facebookもログアウト。

10時30分過ぎ

退職代行から連絡があり、退職の旨を伝えたとのこと。引越しのトラックの中で1人安堵。

11時

実家到着。

実家に着いてから、退職代行から会社にレターパックで送れと言われた書類を書き書き。

13時

家に車がなかったので自転車で7キロ先の郵便局まで行き、レターパックで郵送完了。

16時

別の店舗に行った同期から「(私と同じ店舗の)同期が上司から連絡してって言われたけど何か知ってる?」ってラインきたよ、と教えてくれた。

退職代行には「本社に連絡してください」と言ったので、店舗に伝わるまでに時間がかかったらしい。

その後、副店長が私の部屋を訪ねたらしいとか、同期が私が退職代行で辞めたと知っていたので伝わったらしいとか仲の良い同期からの伝え聞きで知った。

やめる一番の原因は上司なので、副店長や同期には申し訳ないけれど、申し訳ないという気持ちで続けていたら私が再起不能になりそうだったので、、、

というわけで、今は実家でのんびり過ごしています。

のんびりしつつ、今回の損出を取り返し、渡航費用を貯めなきゃなぁとも。

とまぁこの辺で。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次の投稿

高校の同級生とあしかがフラワーパークに行ってきました

水 11月 3 , 2021
この記事を読むのに必要な時間は約0分12 […]
LinkedIn
Share
WeChat