この記事を読むのに必要な時間は約7分22秒です。

そろそろ旅行に行きたい欲が出てきたので、手軽に行ける国内旅行に行くことにしました。

海が見たいという理由で近場の海を検索したところ、この記事を発見

https://4travel.jp/travelogue/11521545

カニは好きではないけど、エビ団子が美味しそうだし安いのでそれがあったら食べたくてケタム島に決定。

美味しそうでしょ😢 上記サイトスクリーンショットより

通勤で乗る電車の反対方向に行くことほど最高なことはありません

近所のMRTの駅を出発し、20分ほど揺られてスバンジャヤ駅へ。
この駅でKTMに乗り換えです。

乗り換えの時間つぶしに飲み物を買おうと思いましたが、タピオカみたいなどこでも飲めるショップとペットボトル飲料とスナック菓子を売ってる売店と自販機しかなかったので、持ってきたペットボトルのみずでひまをつぶすことにしました

11時手前、電車が1本来ました
乗ろうとしたら誰も乗らないし車体にすぱーくりんく?と書いてあります

調べたら別の路線でした。
あぶないあぶない

11:15 の時刻表の電車は11:24に到着


目の前に来たので女性専用車両に乗りました
適当に座ったら窓が割れてたので別の席に避難(???)

ここだけじゃなくて何ヶ所も割れてた

ロングシートと、クロスシートの両方ありました

たまに突然止まる、これが遅れの原因かーと思いつつ電車に揺られます

Port klang駅到着
改札の反応が悪くて何回もタッチしてたら出られなくなる
駅員さんが来てマレー語で色々言われて英語喋れますか?って聞いたら駅員さんのカードタッチして出してくれました。
電車無料期間に来て良かったです、、、

人の流れに沿って港へ


広東語ツアーのガイドさんに一員だと間違われる

着くと左手と右手にフェリーカウンター。
右手が大繁盛している。

知り合いに時間が合えばアリババフェリーの方がおすすめと聞いたので左手、とても空いているアリババカウンターに行ったら1:30出発だけどいい?と聞かれる(中国語)
分かりましたといって、繁盛している反対のカウンターへ。
148cmが子供扱いされても困るので成人10rmを指さし。
One way?ときかれる。 yesと答え現金で支払い。船の番号を教えてくれます。

動画で券を撮ってしまっていた

こっちのカウンターのお姉さんは英語出来そう。
タッチアンドゴーのQR決済もできるみたいでした
船は定刻通り。


特に券をもぎられることも無い。

前方のテレビでは香港系のアクション映画が流れている

と思って船は出発、剣をお財布に閉まって外を眺めてたら
Hello と券もぎりのおっちゃん登場。

船乗っても券は買えるみたい

窓際に座ってたんだけど、突然窓の外にけんもぎりのおっちゃんが現れてビビる
落ちないで、、、、

この視界に突然人が現れるのでびびる
フェリーの航路

島に上陸


船着場にはバイクがいっぱい置いてある

桟橋から見える浅瀬にはかにが🦀


桟橋?を渡るとモニュメント


奥に進んでいくとレンタルバイク屋さんとカニ食べられますレストランがたくさん

私はお寺とエビ団子が目当てなのでエビ団子を求めて右往左往

エビ団子は見つけられないまま、お寺だけ沢山見る

どこが人の家かお店かよく分からないのと、お店っぽいけど地元の人数人しかいなそうでなかなか入れず、お昼ご飯を食べ損ねる

住宅街にはウォールペイントもあったりする
どこ、、、エビ団子、、、
道教系のお寺が島のあちこちに
イッヌ
おうちの土台の下とか水が引いてるところはゴミだらけだったりする
こういうやつ、マイクロライブラリー?どうぶつの森にしか存在しないと思っていた
寺はあってもエビ団子がない
こういう色合いが好きですね
工事中のおじちゃんみたいな人がいてびびって正面から撮れなかった 島全体が、中華系な感じがしたので広東語を勉強する必要性を感じた
ここも入っていいのかわからない寺を遠目から撮った
歩きじゃ全く回りきれないので、バイクに乗れるなら借りるべきだと思いました

14:30くらい、一通り近場は見たので帰ることに。
船着き場に戻る。
時刻表とかないので、何となく周りの様子を伺う。

最後に、モニュメントと自撮りを試みました、失敗

ちょうどアリババの船が着く。
でもみんな乗ろうとしないので、アイランドホッピングの船だったら困るなと思いながらまた待つ。

待ってる間に謎ドリンクを購入。
酸っぱえぐい
飲んでるとハマる

RM4.5くらい?130円ってとこですかね
船着場の売店
待ってる間に晴れてきた、ちょっと悲しい

もうひとつ船が来たので乗ろうと思ったけど小さすぎて不安になったのでやめて、さっき来たアリババに乗ることに。

聞いたらクランに行くと言ってくれたので安心して乗船。

行きのボロ船と違い、冷房がガチガチに効いたいい船
2階がある、一回下の席のっちゃうと、出発後は上がれないっぽい?(人がたくさん乗るので身動きが取れない)

15:00くらいに乗ったのになかなか出ないなーと思ったら15:30に満員で出発

こちらも船内改札、私は現金を渡して購入12リンギット

アリババ 帰りの船?2時間ごと?らしい
13:30 15:30 17:30^

広東語のおば様の団体が持っていたチケットの裏に手書きの時刻が書いてあったのでそこからの推測

帰りのフェリーは混んでてうるさかったので爆睡
おば様団体のスマホが見えてしまったのだけれど、お互い島でたくさん映えるを沢山撮影し大満足だった模様

クラン港に到着

行きに取り損ねた蟹のモニュメントの写真を撮って、駅に戻る
さよならクラン港

まだ何も食べてなかったので食べ物を探し駅の前の売店をキョロキョロしてたら
マレー語でおっちゃんが何か言ってくれた
「プラスティック」しか分からなかったけど、袋に入れてレジのおばさんのところに持っていけばいい、って言ってくれたよう。
指導に感謝しカヤマンを購入 2.5リンギット、暑いのに熱々のまんじゅうを買ってしまった、でも生き返った

16:53発の電車で帰宅定刻通り発車

最近某ドラマにハマったので、新しいことをしてアンチエイジングするのは大切だなーと身に沁みて感じました

あと1週間ぐらいKLの電車が無料なので来週もどこか行けるといいな、、、、

次の投稿

The マレーシアの観光地 バトゥケイブ(バトゥ洞窟)を1時間以内で満喫した

水 7月 13 , 2022
クアラルンプール!観光!バトゥケイブ!洞窟!
LinkedIn
Share
WeChat