この記事を読むのに必要な時間は約3分6秒です。

4.2 タイドラマの分析

分析1 作品名:青春はヘビーパンチ(英題:Hook) 閲覧媒体:Netflix

 タイのGMM25で2020年7月に放送開始、現地のテレビ放送から1日遅れでNetflixにもアップロードされた。33の国と地域で視聴可能である。

 ボクシングが題材であるため、ナイキやアディダスなどのスポーツブランド製品が見受けられたが、スポンサーではなく、意図的なプレイスメントではなかった。

分析2 作品名:2gether 閲覧媒体:Netflix 

 タイでの放送開始は2020年2月、日本では2020年7月から配信が開始された。LINE TV 、Netflix(香港、韓国、タイ)、楽天TV、WOWOWなどで配信されている。

画像1

Figure 5 女子学生に人気のサラワットが貰い物のジュースを飲むシーン
 (筆者がスクリーンショットを撮影)

Table 3 「2gether」のフレーム分析(一部抜粋・筆者作成)

画像2

 放送時にはドラマは1話が4分割され、各部分が始まる前にはどのスポンサーの提供で放送されているのか、短いCMが示されていたが、配信では全てCMは切られ、1話が通して配信された。しかしドラマ内ではFigure 5のようにスポンサー製品をプレイスメントするシーンはそのまま残っていた。ストーリーに入れ込むプロットプレイスメントがよく見受けられた。

分析3 作品名: Until We Meet Again 閲覧媒体:prime video

 タイでの放送は2019年11月から、 2020年3月まで、LINE TVで行われた。日本では各種VODで視聴できるほか、prime videoでも配信されている。

Table 4 「Until We Meet Again」のフレーム分析(一部抜粋・筆者作成)

画像3

画像4

画像5

Figure 6 本作に登場する化粧品のプレイスメントシーン
(筆者がスクリーンショットを撮影)

画像6

Figure 7 プレイスメントされるポテトチップス
 (筆者がスクリーンショットを撮影)

 この作品では、ドラマ全話を通して、プロダクトプレイスメントが目立っていた。また以下に示した図のように、スポンサー企業と、ロケ地協力の企業のロゴがわかりやすくエンドロールに示されていた。

画像7

画像8

Figure 8 エンドロール
 (筆者がスクリーンショットを撮影)

 このようにタイドラマではロゴがきちんと視聴者に見えるようなスクリーンプレイスメントや、ストーリーの展開にスポンサー製品を織り込むプロットプレイスメントの使用が日本より顕著であった。

【全文無料でご覧いただけますが、もし、コーヒー代や国会図書館でかかったコピー代を出してやってもいいぞって方は投げ銭してくださると泣いて喜びます】


https://ko-fi.com/yidongchunxiang


次はこちら

【卒論全文公開:4.2】」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次の投稿

【卒論全文公開:4.3】

金 8月 20 , 2021
この記事を読むのに必要な時間は約7分34 […]
LinkedIn
Share
WeChat